2009年09月11日

“現代の時計職人” 中村文昭さん!

9月11日のゲストは、南国市後免町「中村時計店」の常務取締役・中村文昭さん 手(チョキ)

911-2.jpg


老舗時計店の長男として生まれ、運命に導かれるように“時計職人”の道を歩み始めた文昭さん。
高校卒業後、滋賀県の時計専門学校に進み、その後、お父様の元で修業を続けています。
(文昭さんは今年で職人歴10年ですが、まだまだ修行の毎日だそうです・・・)

「中村時計店」は文昭さんのお祖父様が創業し、今年で創業60年。文昭さんが3代目となります。
平成10年には店舗2階に全国的にも珍しい時計博物館をオープン! 時計
平成16年には野市店を開店しています。

「中村時計店」のホームページ には、
「他店に修理に出したけど直らなかった、メーカー修理に出したけど断られてしまった
などの理由で止まったままになっている時計をお持ちください!」と書かれています。
アメリカ時計学会の公認高級時計師(CMW)の資格を持つ名職人・中村昭弘さんをはじめ、
文昭さん、二男の拓也さんなど、確かな技術を持った時計職人が必ずや修理してくれることでしょう。

思い入れの強い時計を大切に長く使ってもらうために、
今日も“時計職人たち”は、1mmにも満たない部品を相手に奮闘しています。 ひらめき


次週は、中村文昭さんのプライベートのお話や、今後の夢について伺います。 お楽しみに!!

posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする