2009年10月23日

“老舗眼鏡店の4代目” 芝藤俊輔さん!

10月23日のゲストは、天狗堂めがね店 眼鏡 の取締役・芝藤俊輔さん 手(チョキ)

1023.jpg


天狗堂めがね店は、芝藤さんの曽祖父(ひいおじいさま)の代から続く老舗で、
現在は、2代目のおじいさま、3代目のお父さま、そして4代目の俊輔さんの
親子3世代で経営されています。


大学時代はアメリカに留学し、心理学を学んでいたという俊輔さん。
「心理学を勉強したことは、今のお仕事にも役に立っているでしょう?」と聞くと、
「いえ、まったく!やはり日米の文化の違いがありますから・・・。」
とのお答えでした。 がく〜(落胆した顔)


近年、全国チェーン店の進出などで、めがね業界の競争も激化しているそうですが、
そんな中、「天狗堂めがね店には他店に負けない技術力がある」と胸を張る俊輔さん。
「検眼(度数を測ること)」、「フィッティング(掛け心地の追求)」など、
技術面には絶対の自信を持っているそうです exclamation×2


俊輔さんいわく、“めがね選びの理論” なるものがあるそうで、
【メガネをかけた状態で顔の形が[卵型]になるようなフレームを選ぶ】
のがポイントだとか・・・exclamation&question
これにより、丸顔・面長といった顔の形を、理想の形に補正してくれるそうです。


また、「デキる男に見られたい」 とか 「若々しく見られたい」など、
自分がどんな風に見られたいのかを、店員さんに相談することもポイント!。
やはり、めがね店の店員さんはその道のプロですもんね。 わーい(嬉しい顔)
勉強になります・・・。 ひらめき


さて次週は、芝藤俊輔さんのプライベートに迫るほか、
最近おすすめの新製品や、取り扱いの注意点などを伺います。 お楽しみに!!

posted by hisix at 12:00| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする