2010年01月29日

“今を大切に” 高橋歩美さん!

1月29日のゲストは、「アジア食堂 歩屋」 のオーナー・高橋歩美さん! 手(チョキ)

129.jpg


アジア料理やアジア旅行からパワーをもらったことから、
「地元・南国市で大好きなアジア料理のお店を出したい!」という夢を抱いた高橋さん。

その当時は、飲食店で働きながら、実践!実践!でアジア料理を作っていたそうで、
レパートリーをどんどん広げていったということです。 るんるん
ここでも研究熱心な性格が功を奏したカタチとなりました。
(ご本人は「ただ単に、食い意地が張っている」と謙遜されていましたが・・・。)


そんな高橋さんが、夢を叶えてお店をオープンさせたのが2004年12月。 ぴかぴか(新しい)
ご家族が地元で持っていた土地を使って「アジア食堂 歩屋」をオープンさせました!!

昔の “木造の小学校” をイメージした建物で 、
国道沿いにあるのに、お店の前には田園風景が広がるという抜群のロケーション。
初めて行っても、何故か懐かしく感じるような 、とっても居心地のいい空間です。 揺れるハート

冬場 雪 は、店内で薪ストーブを焚いていまして、窓の外に広がる風景と相まって、
さながら“高知の四季をたっぷり感じていただけるお店”といった感じ exclamation&question
心がほっとする癒しの空間ですよね。



また店内では様々なイベントやライヴなども開催しています。 カラオケ
これまでにお店でライヴを開催したのは、
友部正人さん、ふちがみとふなと、water warer camel、mojoco 等々。
またイベントでは「陶人形展」、「野点パフォーマンス」なども開催しました。

中でも高橋さんのイチ押しは、山梨県出身の「water water camel」!
ひらめき water water camel については コチラ!

彼らとのつながりをきっかけに、山梨の皆さんとの交流が始まり、
3月には、山梨で「高知展」を実施することになったそうです。
これが成功したら、高知で「山梨展」もやってみたいと考えているそうですよ。楽しみですね。



次週は、そんな高橋さんのプライベートに迫るほか、
地元・高知への思い、今後の夢など、思う存分語っていただきます。お楽しみに!!


posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする