2010年03月12日

“人をつなげる”小松興二さん!

3月12日のゲストは、「Bar mosaique」のマスター・小松興二さん! 手(チョキ)

312.jpg


飲食業の仕事をいろいろと経験したあと、
2002年、高知市中央公園西口に「Bar mosaique」バー をオープンさせた小松さん。

落ち着いた雰囲気が評判の店は、小松さんご自身が内装を手掛け、
自ら工具を握って作業したというほどの“こだわりの店”・・・。
随所に小松さんのセンスが光っています。 ぴかぴか(新しい)


バーのマスターとして、これまでたくさんのお客さんを見てきた小松さんに
転機が訪れたのは、2009年の春 exclamation×2

高知市升形で「手打ちうどん 藤家」を経営していたお兄さんが
佐川町に新店をオープンすることになり、
升形のお店を小松さんが引き継ぐことになったのです! ひらめき

ご本人は「そんなに大きな決意ではなく、ちっちゃな決意で始めた。」と仰っていますが、
“高知の名店”と呼ばれる「手打ちうどん 藤家」を引き継いだわけですから、
大きなプレッシャーを感じていたはず・・・。
しかも、これによって昼も夜も働くことになったわけですから、
とってもとっても大きな転機になったのは間違いないですよね。目


現在は・・・、

【朝】 7時に店に入って「うどんの仕込み」 手(パー)

【昼】 11時から16時30分まで「お店の営業」 レストラン

【夜】 深夜まで「バーの営業」 バー

という毎日を送っているそうで、
まさに“現代のスーパーマン”というべき、超人的な働きを見せています。


そんな小松さんのパワーの源は・・・、「音楽」 音楽

「Bar mosaique」では、これまでに多くのアーティストがライヴを行い、
タテタカコ原田郁子ハナレグミおおはた雄一などが、
素晴らしい歌声を聞かせてくれています。 ムード


自分のアンテナにひっかかったアーティストがいれば、
直接メールを送って mail to 、高知に来てくれるよう頼み込むという小松さん。

小松さんが送ったメールには、ほとんどのアーティストが応えてくれるそうで、
小松さんの熱意」+「高知の美味しい食べ物」+「高知の美味しいお酒」をエサに、
「Bar mosaique」での素敵なライヴが次々と実現しています。 わーい(嬉しい顔)


そんな小松さんに「今おすすめのアーティストは?」と尋ねたところ、
青葉市子(アオバ・イチコ)」と答えてくれました。

彼女は1990年生まれのシンガーソングライター。
ギターの弾き語りで、浮遊感漂うボーカルを聞かせるアーティストです。

小松さんオススメの“青葉市子”の歌声 るんるん は、
青葉市子 My Space」でチェックしてみてください!!



次週は、昼も夜も働く小松さんのプライベートに迫るほか、
地元・高知への思い、今後の夢など、たっぷりと語っていただきます。
お楽しみに!!


posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする