2010年03月26日

“心地よい暮らしのために”宮地貴嗣さん!

3月26日のゲストは、宮地電機株式会社 の 代表取締役社長・宮地貴嗣さん! 手(チョキ)

326.jpg


東京での大学時代は、勉強 メモ よりも、居酒屋 ビール のアルバイトに夢中だったという宮地さん。
“豊かなサービス精神”を発揮し、接客業の楽しさを全身で感じていたそうです。 るんるん

大学卒業後は、土地開発・リゾート開発の会社で経営企画のお仕事に従事。
その後、1993年に宮地電機株式会社へ入社しました。

この1993年という年は、高知市本町に「ラ・ヴィータ高知店」がオープンした年ですが、
宮地さんは大学生の頃から設立準備委員会に携わっていたそうで、
お店のオープンに合わせて、高知に戻ってきたということです。 グッド(上向き矢印)

その「ラ・ヴィータ高知店」!
オープンから17年経った現在は、レストラン レストラン、カフェ 喫茶店、ジュエリーショップ ぴかぴか(新しい)
インテリアショップ、そしてイベントホールなどを備え、
高知市中心地の賑わいの一翼を担っています。

宮地さんからは、ラ・ヴィータ1階「マコーズ・ベーグル・カフェ」の
ベーグルとパンナコッタをお土産にいただきました。
とっても美味しかったです。 ごちそうさまでした! わーい(嬉しい顔)



その後、2002年に照明器具の製造・販売を手掛ける「ラ・ヴィータ株式会社」を設立!
照明を使った “くつろぎの空間づくり” を提案すべく、
新しい照明器具 ひらめき の開発にも乗り出しています。

これまでに開発したものは・・・、
吹きガラスと土佐和紙を使った「ECO GLASS」シリーズ
バッテリーを内蔵し、停電時も48時間点灯し続ける「Multi Cube」シリーズ
吊り下げ型など多種類を揃えたLED高出力照明「kiraring」シリーズ などなど。

※「Multi Cube」は、現在大好評開催中の「土佐・龍馬であい博」メイン会場にも
採用されているそうです。 詳しくは コチラ!


それぞれのライフスタイルに合わせた照明を提案すべく、
ワン&オンリーな照明器具を開発しているラ・ヴィータ株式会社さん。
噂が噂を呼び、県外はおろか、海外からも注文が届くそうです。
そんなグローバルな企業が高知にあるなんて、高知県民として嬉しい限りですよね。 ぴかぴか(新しい)



次週は、そんな宮地さんのプライベートに迫るほか、
ご自身が代表を務める「南国高知FC」サッカー のお話、地元・高知への思いなど伺います。
どうぞお楽しみに!!


posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする