2010年05月21日

“馬路で生きていく”林義人さん!

5月21日のゲストは、コミュニティセンターうまじ「馬路温泉」 の “心配人”・林義人さん! いい気分(温泉)

521.jpg


馬路村で生まれ、馬路村の自然と人に囲まれて生活している林さんは、
高校卒業後、馬路温泉に就職し、2004年に “心配人”(※) に就任!

多くの人に「馬路温泉」を知ってもらおうと様々な活動を展開し、
「湯けむりピンポン大会」「女湯限定のバラ風呂」など、
次々と斬新な企画を生み出しているアイデアマンです 手(チョキ)

※心配人(しはいにん)・・・20代で支配人になった林さん。 人を“支配する人”ではなく、
               人に“心を配る人”に!という願いから“心配人”を名乗っています。



2009年にオープン30周年を迎えたコミュニティセンターうまじ「馬路温泉」 いい気分(温泉)

オープン当初は “村民の憩いの場”として活用されていましたが、
平成6年に別館が完成、平成10年には設備を更新し、現在のような施設となりました。


そんな中、アイデアマンの林さんが最初に取り組んだのは「ビアホール馬路」exclamation&question
ある日、飲み放題・バイキング形式のビアガーデンを経験し、
その魅力にすっかりハマってしまった林さん。 ビール
「この楽しさを馬路のみんなにも味わってほしい!」との一心でビアホールを開催したところ、
会場となった馬路温泉には、村の人たちの笑顔があふれました。 わーい(嬉しい顔)

このときにお客さんの喜ぶ顔を見たことで、
林さんの持って生まれた「サービス精神」と「斬新な企画力」に火がつき、爆弾
次から次へと新しい企画が飛び出すようになったそうです。



イベント 例その1】 湯けむりピンポン IN 馬路温泉

 2005年から毎年開催しているこの大会には、県外の方も参加!(昨年は山口県からもexclamation&question
 ユニフォームは「馬路温泉の浴衣」、ラケットは「エコアス馬路村の木のうちわ」だそうで、
 温泉地ならでは和気あいあいとしたピンポンが繰り広げられています。
 ひらめき 2009年大会の様子は ⇒ コチラ!



イベント 例その2】 女湯限定のバラ風呂

 女湯の湯船にたくさんのバラの花びらを浮かべてお客さんに楽しんでもらう恒例の企画。
 今年度も5月、6月の毎週水曜日と、8月から来年3月までの毎月1日に実施します。
 実は現在、来年のバラ風呂ポスターのモデルを募集中だそうで、
 今のところ、応募していただいた方全員を撮影する予定だとか・・・。
 ひらめき 詳しくは ⇒ コチラ!



ほかにも、敬老の日企画「馬路温泉のお湯レンタル」、「プレタポルテ着物ショー」など、
様々な企画を生み出してきた林さん。

次週は、そんな林さんのプライベートに迫るほか、
いま注目の「馬路温泉前駅弁当」の話や、今後の目標などについて伺います。
どうぞお楽しみに!!


posted by hisix at 11:00| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする