2010年07月02日

“土佐キムチ”米倉正浩さん&高橋万有美さん!

7月2日のゲストは、南国市稲生「土佐キムチ」の代表・米倉正浩さんと、スタッフの高橋万有美さん! 手(チョキ)

702.jpg


「土佐キムチ」の代表であり、主にキムチ作りを担当している米倉さんと、
販売をメインに担当している高橋さんは、実のご兄妹!!

お2人の義理のお兄さん(お姉さんの旦那様)が、
韓国料理で有名な「景福宮(キョンボックン)」のヨンチョルさんで、
そこでキムチ作りの手伝いをしていた2人が独立して設立したのが「土佐キムチ」なのです。


「土佐キムチ」が扱っている商品は、実にバラエティに富んでいます。 ぴかぴか(新しい)
キムチでは、白菜、大根、きゅうり といった定番のほか、
ナス、キャベツ、イカキムチ、タコキムチ、イカ墨キムチ、チャンジャ、ピリ辛スルメなどがあり、
ほかにも「ビビンバ弁当」、「冷麺」、「チャプチェ」、「ナムル」などを製造しています。 わーい(嬉しい顔)

また旬の食材で作るキムチも好評で、
今の季節は南国市稲生特産の桃(品種名=千代姫)を使った「桃キムチ」が人気!

chiyo-hime.jpg

えっ!桃のキムチ がく〜(落胆した顔) ・・・  と思ったアナタ!
この「桃のキムチ」。 ほんのり甘く、子供たちにも大人気だそうですよ。


また秋には「栗」や「柿」のキムチの構想もあり、
さらには南国市特産の「シシトウ」や「トマト」を使ったキムチも考えているとか・・・exclamation&question
こうやって考えると、キムチって本当に奥が深いんですね〜。 目



そんな「土佐キムチ」のこだわりは「身体に良いものしか作らない」ということ!!

1 化学調味料・保存料・着色料を一切使わない。

2 なるべく地元産で、積極的に有機野菜を使用。

3 塩は沖縄のにがりを使用したシママースを使用。

4 昆布、松の実、イカの塩辛など厳選した素材を使用。


米倉さん曰く、「無添加ですので味はほどほどですが、何よりも身体に良いのが自慢!」だそうです。
皆さんもぜひ一度、「土佐キムチ」のキムチをご賞味あれ!! るんるん



次週は、米倉さん、高橋さんのプライベートに迫るほか、
店頭販売の手応えや、今後の目標など伺います。 どうぞお楽しみに!!


posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする