2011年03月18日

“凡事徹底”岡本淳一さん!

3月18日のゲストは、土佐ハイヤー の代表取締役社長、岡本淳一さん! 手(チョキ)

318.jpg

松山の大学を卒業した後、地元・高知の銀行に就職した岡本さん。
この頃は、お父様の会社である「土佐ハイヤー」を継ぐことは全く考えていなかったそうですが、
平成7年にお父様が病に倒れたことで銀行退職を決意。
土佐ハイヤーの2代目社長へと転身しました。 taxi.gif

社長になった当時、岡本さんは28歳 exclamation&question
社長就任式で80人を超える従業員を前にしたときに出てきた言葉は、
「僕と父親は違います。僕の好きなようにやらせてもらいます」だったとか・・・。

温厚で わーい(嬉しい顔)、思いやりのある 揺れるハート 現在の岡本さんからは想像できないほど、
当時はトンガっている部分があったんですね!?(若さゆえの気合いでしょうか?)

でも従業員の皆さんはそんな若社長を支え続け、岡本さんの社長歴も早14年となりました。
長い付き合いの中で築き上げられたスタッフ間の絆が、土佐ハイヤーの財産なんですね。 るんるん


2002年に施行された、いわゆる 『タクシー規制緩和』 によってタクシー業界への新規参入が相次ぎ、
さらに景気の低迷 バッド(下向き矢印) 、燃料高 gas.gif などもあって、タクシー業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。

『許認可事業』 であるタクシーは、料金など様々なことが決められていて、
なかなか他社との差別化が図れないそうですが、
そんな中「土佐ハイヤー」では、とにかく【接客】ハートたち(複数ハート) に力を注いでいるそうです。

「土佐ハイヤー」の運転手さんは 『乗務員』 とか 『運ちゃん』 という呼ばれ方ではなく、
『アテンダント』 という名前で呼ばれ、
それぞれが他社とは違う【ワンランク上のサービス】を提供するよう心がけています。


そんな【接客の良さ】が評価されて、最近ではホテルや飲食店などからの配車依頼も急増中! 車(RV)
岡本さんは・・・、
「電話 電話 がかかってくる回数こそがお客様の信頼であり、タクシー会社の価値」と語っています。

また「観光タクシー」にも力を入れている岡本さん。
龍馬ブーム ryoma.gif に沸いた2010年は、県外、さらには国外からの観光客がたくさんいらっしゃったそうで、
高知県観光コンベンション協会が実施している【高知県観光ガイドタクシー】の研修会にも
積極的に参加しているそうです。 メモ

「観光タクシー」としては・・・、
1 お客さんを観光地まで案内し、
2 観光施設についての説明をし、
3 さらにはカメラのシャッターを押して思い出の一枚を撮影する。 カメラ
こんなところまでサービスしてくれるそうですよ。


またドライバーによっては色んな得意分野があるそうで、
「史跡に強い人 castle.gif 」、「八十八ケ所に詳しい人」、「牧野植物園の達人 rose.gif 」、
さらには「お客さんと一緒に山登りをするドライバー」など、
お客様のいろんなニーズに応えることが出来るそうです。
いやはや、「観光タクシー」がここまでとは思いませんでした・・・。 あせあせ(飛び散る汗)


土佐ハイヤーの社訓は【凡事徹底】!
サービス業として、当たり前にやるべきことを当たり前にやる。
そんな小さな積み重ねが、お客様からの信頼という形で実を結んでいるですね。 黒ハートぴかぴか(新しい)



次週は、岡本さんのプライベートに迫るほか、今後の夢や目標、
また “タクシー業界の今後” についても伺います。次週もお楽しみに!!


posted by hisix at 11:30| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする