2011年08月19日

“人との縁を大切に”竹内盛起さん!

8月19日のゲストは、「三代目竹内石材」 の代表取締役、竹内盛起さん! 手(チョキ)

819.jpg

「三代目竹内石材」は、1881年(明治14年)、初代・竹内銀弥さんが長岡郡大豊町で創業。
その後、2代目で竹内さんのお祖父様にあたる竹内憲治さん
3代目で竹内さんのお父様にあたる竹内良二さんの代を経て、
昨年、竹内盛起さんが4代目代表取締役に就任しました。 kirakira_hoshi.gif

ですが、会社名としては「三代目竹内石材」という名前がすっかり定着しているので、
4代目に代替わりした現在も、あえて【三代目】という言葉を残しているんだそうですよ。 るんるん


石屋の長男として生まれた竹内さんは
「将来、自分が家業を継がなければ」という意識を持ちながらも、
小学5年生の頃から、陸上の【短距離】【跳躍】に没頭! runner.gif あせあせ(飛び散る汗)
高知県の大会で非常に優秀な成績を収めて全国大会に出場するほどの活躍を見せたそうです。
※同世代(33〜34歳)の方の中には竹内さんの活躍ぶりをご記憶の方も多いのでは??


そして学校卒業後、お父様から「そろそろ一緒にやらんか?」と誘われて「竹内石材」に入社。
現場の職人さんの下に就いて、お墓を建てる仕事を一から習いました。

仕事にも慣れてきた頃、ある事件が発生・・・ exclamation&question

竹内さんが任されていた仕事で、決められた納期に間に合いそうにないという事態が起こったのです。
もちろん仕事には一生懸命取り組んでいたのですが、それを聞いたお父様が激怒!ちっ(怒った顔) むかっ(怒り)
一方、厳しい言葉を投げかけられた竹内さんも激高し、
親子で取っ組み合いのケンカになったそうです。パンチ 爆弾

その後、お父様の考えもあって、大阪の石材店に修業に出された竹内さん。
お父様から修業先の社長さんに伝えられた要望は・・・、
1 コイツには給料は要らない。
2 休みも要らない。
3 でも、通常3年かけて覚えることを、1年で仕込んで欲しい。  ── だったそうです。

お父様からの要望どおり、無給&無休という厳しい修業を終えた竹内さんは、
商売の街・大阪で大いに鍛えられ、1年で多くのことを吸収して帰高。
「竹内石材」で大きな成果を残して、昨年代表取締役に就任しました。

厳格なお父様の指導にしっかり向かい合った竹内さん。
スポーツで培った芯の強さ、厳しい練習に耐えてきた忍耐力が花開いた結果なんでしょうね。揺れるハート


「竹内石材」で最近需要が多くなっているのが、いわゆる “オリジナルの墓石”。
故人の想いを形にしたり、好きだった絵を入れたりと、 kikyo.gif
ご家族の想いがたくさん詰まったお墓が増えてきているそうです。

《お墓づくり》というのは、ほとんどの方にとって生涯で一度のこと・・・。
竹内さんのような《お墓のプロ》がお客様にしっかり向き合い、 目
適切なアドバイスや、心のこもった提案をしてくれると、お客様にとっても心強いでしょうね。 かわいい


そんな中、「三代目竹内石材」では、夏休みの子供たちに向けた【工作教室】も実施中!
2年目となる今年は、石の板に砂で絵を描く「砂絵工作」を行っています
スタッフが付き添って、砂絵作りから後片付けまで案内してくれるそうですよ。 わーい(嬉しい顔)

sunae.jpg

<日程>   平成23年8月6日(土)〜平成23年8月28日(日)
<時間>   10:00〜16:00 ※要予約
<場所>   三代目竹内石材 南国展示場(南国バイパス沿い)
<費用>   1セット ¥1,000-
<連絡先> 088-864-1330  フリーダイヤル 0120-641-148


ご予約はお電話、またはホームページ からお願いします。(当日予約はお電話のみ)

≪ 三代目竹内石材 南国展示場 ≫


次週は、竹内さんのプライベートに迫るほか、今後の夢や目標、
また「お墓参りと教育との繋がり」についても伺います。 ひらめき
次週もお楽しみに!! ぴかぴか(新しい)


posted by hisix at 11:00| 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする