2012年05月25日

“地元密着の仕事を”吉村志里さん!

5月25日のゲストは、「有限会社 創栄工務店」 の 代表取締役、吉村志里さん! housing.gif

525.jpg

もともとは、お父様が “一人親方” として建築業を営んでいたという吉村さんは、
高校を卒業したあと、大阪にある建築専門学校に進み、
hare.gif 昼は設計事務所でのアルバイト、夜 夜は勉強という、中味の濃〜い2年間を送りました。 あせあせ(飛び散る汗)

実はこの2年間がとっても重要だったそうで、
夜、専門学校で勉強したことを、次の日の仕事で実践してみたり、
また設計事務所で行った仕事を、専門学校の授業で改めて振り返ってみたりと、
この忙しい時期に、“学ぶ喜び”、そして “建築の楽しさ” を知ったと話してくれました。 わーい(嬉しい顔)

その後、アルバイト先の設計事務所に就職した吉村さんのもとに、
お父様が体調を崩したとの知らせが・・・! 電話

しばらくは、大阪にじっくり腰を据えて 建築の仕事をしていこうと思っていた吉村さんでしたが、
すっかり気落ちしたお父様から「帰ってきてくれんか?」と切り出され、
「え〜い、これもタイミングだ!!」と、高知に戻ってくる決心をしたそうです。
男らしい決断ですよね。 揺れるハート

また同じ時期に、高知県内のほかの工務店で大工の修業をしていた弟さんも実家に戻り、
会社代表・設計が吉村さん、現場担当がお父様と弟さん、そして経理事務がお母様という、
家族みんなで働く「有限会社 創栄工務店」を設立しました。 るんるん
このとき、吉村さんは 25歳! 期待と不安を抱えての船出となったそうですよ。

≪ 有限会社 創栄工務店 ≫ 高知市春野町西分2028-2 [TEL] 088-894-2722


主に、一戸建住宅の新築・リフォームを手がけていらっしゃる吉村さん。
最近では、木造住宅の耐震診断、耐震設計、耐震補強工事の依頼も増えているそうです。 ひらめき

お客様それぞれのいろんな夢が詰まったマイホームづくりの基本は・・・、
施主様の理想形である “ビジョン” を実現すること。

施主様との会話の中から、潜在的に秘めている “家のあるべき姿” や、
表に出し切れない “思い・理想” を感じ取り、建築物を創ることを意識しているそうです。

最近では、多くの住宅が一様化されるケースが多く見受けられますが、
創栄工務店では、単にLDKが何畳、主寝室が何畳、子供部屋が何畳というような形式ではなく、
施主様がどの様な思いをお持ちなのか、どの様な生活を送りたいのかを見つけ出していきます。 目ぴかぴか(新しい)

そこにプラスするのが、設計士としての細やかな心配り。 黒ハート
窓から差し込む光の移ろい、部屋の中を通り抜ける風の匂い、風の音・・・、
空間で起こる様々な「コト」で感性豊かな施主様の五感を満たす空間づくりを考えているそうですよ。 手(チョキ)

「街の小さな工務店だからこそ、地元に密着した仕事がしたい!」と語る吉村さん。
建具の具合を見て欲しい、新しい棚をひとつ取り付けたい など、
どんなことでもお気軽にご相談いただきたいと語ってくださいました。心強いですね。 smile.gif


次週は、吉村さんのプライベートに迫るほか、今後の夢や目標について、
また吉村さんが思い描く “新たな地域コミュニティの姿” についても教えていただきます。
次週もお楽しみに!! かわいいぴかぴか(新しい)


posted by hisix at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271583003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック