2012年09月14日

“珈琲を究める”山崎将司さん!

9月14日のゲストは、高知市はりまや町にある自家焙煎珈琲のお店
「cafe Porta」 オーナー、山崎将司さん! rate.gif

914.jpg

もともとは高知で[型枠大工]として働いていた山崎さん。
妹さんの結婚式で嫁ぎ先の家族と出会って 人生が一変!! ga-n.gif

kome.gif 島根県安来市で珈琲の名店「サルビア珈琲」を経営し、
  クラシフィカドール(珈琲鑑定士)の資格を持つお父さん!
patipati.gif
kome.gif 安来市で「CAFFE ROSSO」を経営し、日本バリスタチャンピオンシップで優勝、
  2005年には世界バリスタチャンピオンシップで準優勝に輝いたお兄さん!
patipati.gif
kome.gif 島根県松江市で「CAFFE VITA」を経営し、
  2003年、日本バリスタチャンピオンシップ準優勝の実績を誇る弟さん!
patipati.gif

この GREAT good.gif な珈琲一家が淹れるコーヒーの美味しさ、
彼らのコーヒーに対する情熱に触れることで、山崎さんのチャレンジ精神に火が付き honoo.gif
島根県に移り住んで track.gif ダッシュ(走り出すさま) コーヒー修行の毎日を送ることになりました。


「珈琲豆の焙煎」 「デザインカプチーノの抽出」 「珈琲生豆の選定方法」など、
エスプレッソのような濃い〜修行を終えて、高知に戻った山崎さん。
自家焙煎設備を整え、crucker.gif 2005年「自家焙煎珈琲ポルタ」として開業!
2011年には高知市はりまや町に「cafe Porta」をオープンし omedetou.gif
珈琲ロースターとして、またカフェのオーナーとして、忙しい毎日を送っておられます。

≪ cafe Porta ≫ 高知市はりまや町3-12-4 [TEL] 088-803-4571


こだわりの珈琲焙煎について伺いました!

1.gif 珈琲生豆はどのように調達していますか?
  ⇒ 商社を通して、味や風味が最高ランクの「スペシャリティコーヒー」を入手しています。
    焙煎する前の生豆の色はキレイな[エメラルドグリーン]なんです heart2.gif

2.gif 焙煎手順を教えてください!
  ⇒ まず不良豆や虫食い豆、小石などを手作業で取り除きます。(ハンドピック)
    コーヒーを飲んで頭が痛くなったり、胸やけするという方がいらっしゃいますが、
    実はこの不良豆・虫食い豆がその原因とも言われています。 itai.gif

3.gif 次にコーヒー豆を焙煎していくんですよね?
  ⇒ 気温、湿度など、その日その日の状況に応じて、焙煎時間、ガス圧、温度を調節します。
    焙煎機に付いているダンパーというハンドルを締めすぎると煙臭くなり、
    空けすぎるとコーヒー豆の香りが飛んでしまいます。 kemuri.gif
    ちなみに高温多湿の高知県はかなり焙煎が難しいので “職人技” が必要です。

4.gif 何種類のコーヒー豆を販売してますか?
  ⇒ ブレンド4種類、ストレート4種類、今月の珈琲1種類の計9種類です。
    簡単にポルタの本格ドリップコーヒーが楽しめる【簡単ドリップパック】も大好評!
    ▼ 秋のニューデザインも好評販売中です peace.gif
    porta.jpg


コーヒー豆は農作物なので、収穫年によって、産地によって、出来不出来があります。
また焙煎する日の天候、気温、湿度によっても微妙な変化があるので、
「一年を通して一定の品質を保つことが目標 bikkuri.gifと語ってくれた山崎さん。
難しいからこそ、やり甲斐があり、それがモチベーションになっているそうです。

珈琲の道を究めようと、惜しみない努力を続ける “焙煎職人” 山崎将司さん!
皆さんも是非、山崎さんが提供するコーヒーを味わってみてくださいね ongaeshi.gif


次週は、山崎さんのプライベートや、今後の夢や目標について迫るほか、
美味しいコーヒーの淹れ方についても教えていただきます。 どうぞお楽しみに!! zehi.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック