2014年01月17日

“縁を繋ぎ直す”岡田ひろふみさん!

1月17日のゲストは、復縁プランナー、岡田ひろふみさん 手(チョキ)

117.jpg

line-1.pngline-1.png

岡田ひろふみさん 長岡郡大豊町出身の37歳。
  家業の電器店勤務を経て、恋愛相談の経験を活かした【復縁プランナー】として独立。
  「マニュアルでは復縁できない」をモットーに、人それぞれに異なる別れの理由を探り、
  トレーナーのようにマンツーマンで復縁のためのアドバイスを送っています。

line-1.pngline-1.png

子供の頃から、女の子同士の喧嘩や恋愛相談などをよく受けていたという岡田さん。
クラスの女子たちの間で言い争いが起きると、
「どっちが正しいか、岡田くんに聞いてもらおう!」ということになり、
双方の言い分を聞いたうえで和解のアドバイスをしていたそうです。
また社会人になってからも周りの人から恋愛相談を受け、
それが口コミで広まって、知らない人からも相談されていたとのこと。 heartsmile.gif

当事者の意見をしっかりと聞き、客観的な立場から的確なアドバイスをする ──。
小学生の頃から現在に至るまで、それが出来ていたということですよね kira.gif


そんな岡田さんが【 復縁プランナー 】を目指そうと思ったきっかけは、
車を運転中に何気なく聞いた、ラジオのテレフォン人生相談番組。
別れた奥さんと復縁したいという相談者に対して、番組司会者がこう言います!
「今日は復縁のプロを呼んでいます!」

岡田さんは「復縁のプロがいるんだ!」とビックリ ga-n.gif
路肩に車を止め、ボリュームを上げて聞き入ります。

相談者の話を聞いて「自分ならこんなアドバイスをするなー。」と考えていた岡田さん。
「プロはどう答えるんだろう?」と思っていたら、
復縁のプロが発した言葉は・・・「ズバリ、無理です!!」 ga-n2.gifga-n2.gif

そんなプロの言葉を聞いて、岡田さんはまたまたビックリ!! ga-n.gif
「エーッ!まだ出来ることがあるじゃん。それをやってからでも遅くないのに・・・。
 復縁のプロってそんなもの? それじゃあ、僕がやってやろう!」


こうして【 復縁プランナー 】を目指すようになったそうですよ。


heart.gif 《 岡田ひろふみの戦略的復縁プラン 》 の詳細は、コチラ!
fukuen.jpg

line-2.pngline-2.png

岡田さんが【 復縁プランナー 】を目指した当時は、
■ 復縁のための手順を教える《復縁マニュアル》の販売
■ 復縁のために工作員がいろいろ画策する《復縁工作》
 の2つが主流で、
現在の岡田さんのような《マンツーマンアドバイス》はありませんでした。

恋愛マニュアルに当てはめず、クライアント1人1人の話を一から聞き、
付き合いが始まった頃から失恋までのエピソードを取り入れながら
マンツーマンで復縁に向けてフォローしていく ──。
それを【 復縁プランナー 】と名付けたのも岡田さんだそうです onp.gif


クライアントは 20代後半〜30代の女性がほとんどですが、
若い方では高校生、上の年齢では60代の方もいらっしゃるとのこと。
2013年は岡田さんのアドバイスで復縁できた方のうち、
ナント!5組の方が結婚に至ったそうです。wedding.gif
これってかなりの高確率じゃないでしょうか!?

また結果的に復縁まで至らなくても、出来る限りのことをしたという充足感から
彼への未練を断ち切り、次の恋に進む勇気をもらったという方も多く、
とても前向きになる方が多いのも特徴なのだとか・・・。
復縁活動を頑張って方の中には、仕事で出世する方も多いんだそうですよ。yeah.gif

失恋 naku.gif という心の痛手を負った方に寄り添い、
時には厳しい言葉を投げかけながらも次の幸せを見つける力を養ってもらう。 ganbaru.gif

【 復縁プランナー 】、岡田ひろふみさんは、
今日も全国を飛び回って、クライアントの人生を応援し続けています!! heart.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、岡田さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
高知を拠点に全国で活躍する岡田さんのスタイルにも迫ります。 どうぞお楽しみに♪ wakuwaku.gif



posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック