2015年03月13日

“観光客の誘致を”安倍 翼さん!

3月13日のゲストは、【 ランドリージャパン 】代表、安倍 翼さん 手(チョキ)

313.jpg

line-1.pngline-1.png

安倍 翼さん 香美市出身の36歳。
  大学卒業後、東京の出版社に就職し、国内外の様々な地域を回るようになります。
  その中で地元・高知の素晴らしさを再認識し、その魅力を発信しようと高知に戻って起業!
  スポーツを切り口とした交流の拡大や観光の促進で高知の魅力を全国に発信しています。

line-1.pngline-1.png

お父さんが航空自衛隊のパイロットだったことから wing-l.gif【翼】wing-r.gif と名付けられた安倍さん。
子どもの頃はお父さんのようなパイロットになりたいと思っていたそうです。
その後、図鑑や書籍の楽しさに触れたことから本を読むことが大好きになり、
旅行雑誌に夢中になっていた大学時代を経て、東京の出版社に就職!

いわゆる“ライターさん”のような編集の仕事ではなく、
国内外のいろんな地域に先遣隊として出向いて取材対象を探したり、
取材交渉をしたりという仕事に携わりました。ase.gif

最も印象的だったという仕事は【 スマイル アフリカ プロジェクト 】!!
サイズが合わなくなった子供靴を回収し、途上国の子供たちに寄贈するプロジェクトでした。
※女子マラソン金メダリスト goldmedal.gif の高橋尚子さんも参加したBIGプロジェクト!

このプロジェクトに携わっていた期間、安倍さんはアフリカと日本を行き来したそうで、
現地の小学校の校長先生や地域の方々に取材交渉したり、イベント参加を呼び掛けたり、
また日本から入って来る本隊を受け入れたりと、忙しい毎日を送ったそうです。
ちなみに、ケニア南部の先住民であるマサイ族とも交渉したそうで、
お互いがカタコトの英語で話し合い、イベントに参加してもらったそうですよ。
※安倍さんは「僕の拙い英語を理解してくれた。マサイ族の理解力はスゴイ!」と
 語ってくれました。ジャンプ力だけでなく、理解力もスゴイぞ!マサイ族!
v(^-^)

line-2.pngline-2.png

出版社在籍中に国内外の様々な地域を見て回った安倍さん。

ロハスをテーマにした雑誌『ソトコト』の取材などを通して、
自然豊かな地域で、笑顔いっぱい egao.gif に暮らす人々と触れ合う中で“田舎の良さ”を感じ、
自身の故郷である高知県の素晴らしさを再認識したとのこと。
もともと「いずれは地元に帰って仕事がしたい!」と思っていたそうですが、
30歳を過ぎたタイミングで、14年ぶりに高知へ戻って来る決心をしたそうですよ。kira_yellow.gif

地元に戻って「ランドリージャパン」を立ち上げた安倍さん。
新しい仕事、14年ぶりの高知に不安もあったのでは?との質問に対して
安倍さんのお答えは「不安は全くありませんでした」!!

自分の得意技を生かして高知の魅力を発信するにはどうすればいいか?
失った14年間で起きた高知の変化を学び、いまの高知で自分に出来ることは何か?
現状を知り、勉強し、考えなければならないことがたくさんあったので、
不安なんか感じている暇がなかったんだそうです。
高知にとっては願ってもない“強力な助っ人” power.gif の帰高だったんですね?


music1.png 安倍さんからのリクエスト曲 music2.png

ILCD-001.jpg ♪ My Way / Def Tech

 ILCD-001(ILLCHILL)

 安倍さんが湘南に住んでいた頃の思い出の一曲!
 当時、趣味のサーフィンに向かう途中や
 海から上がった時によく聞いていたそうです♪
 なんかカッコイイですねー。(2005年)

music3.pngmusic3.png


安倍さんが2012年4月に設立した「ランドリージャパン」は、
香美市土佐山田町の[本社]と、四万十市駅前町の[四万十営業所]があり、
観光事業を主に、イベントの企画、観光客の受け入れ等を行なっています。

「ランドリージャパン」という名前なので、
クリーニング業者やコインランドリー業者に間違われることも多いそうですが、
実はこの名前は、土佐が生んだ幕末の偉人・坂本龍馬 ryoma.gif の言葉に由来しているそうで、
「日本を今一度洗濯いたし申し候」というスケールの大きい言葉に影響されて
それを英語にして社名にしたんだそうです。

line-3.pngline-3.png

これまでに様々な取り組みをしてきた安倍さんですが、
スポーツを切り口に、特に自転車を活用した企画が多いのが特徴と言えます。

まずは《 サイクルトレイン 》!
自転車をそのまま列車に積み込んで決められた区間内で降車できるという企画です。
土佐くろしお鉄道の窪川駅〜中村駅間や、JR予土線などで実施され、
観光だけでなく、住民の足としても使われたそうです。 bicycle.gif

2014年には、窪川駅で下車しての「花見満喫サイクリング」
土佐入野駅で下車しての「海辺の休日満喫サイクリング」などを開催し、
大勢の方々がいつもと違う道を自転車でのんびり散策したそうです。
コレ、楽しそうですねー。 girl.gif

cycletrain.jpg

line-1.pngline-1.png

また2014年4月〜11月にかけては幼児を対象とした《 ストライダーGP 》を開催!
ストライダー社が製造したランニングバイクを使ったレースで、
2歳〜5歳の未就学児童が小さな体で一生懸命頑張る微笑ましいイベントです。

ランニングバイクとはペダルや補助輪がなく、自分の足で地面を蹴って進む幼児用バイク。
小さい頃からこのバイクに乗ることでバランス感覚が鍛えられ、
ランニングバイク経験者は自転車にもすぐ乗れるようになるんだそうです。 good2.gif

昨年は四万十市、いの町などで全4戦を開催し、シリーズポイントで順位を決定!
出場者は高知県内よりも県外の子供が多かったそうで、
愛媛や大阪、兵庫、遠くは神奈川から参加した人もいたそうですよ。 sugoi2.gif sugoi.gif

さあさあ、お宅のお子さんもランニングバイク始めてみませんか?
まずは、3月22日(日)に春野総合運動公園(屋内運動場)で開催される大会
《 BILBOカップ 》を観戦してみてください。
詳しくは次週の放送でじっくり伺っていきます。お楽しみに!! ha-i.gif

stgp.jpg

line-2.pngline-2.png

次週は、安倍さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
3月22日開催の《 BILBOカップ 》についてもじっくり語っていただきます。
お楽しみに!bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック