2015年08月28日

“土佐清水を全国区に”宮村圭佑さん!

8月28日のゲストは、「有限会社みやむら」 の 宮村圭佑さん 手(チョキ)

150828.jpeg

line-1.pngline-1.png

宮村圭佑さん 愛媛県上浮穴郡久万高原町出身の33歳。
  石工・墓石販売の営業マンとして働いたあと、結婚を機に土佐清水市へ移住。
  奥様のご実家の家業である「有限会社みやむら」に入って、スーパーストアを営むほか、
  加工商品の製造・販売、また地域の方々に喜ばれる移動販売にも力を入れています。

line-1.pngline-1.png

愛媛県久万高原町で石工・墓石販売業を営むお父様のもとに生まれた宮村さん。
幼い頃からお父様の仕事に憧れ、大学卒業後は家業に入って営業マンとして9年間勤務します。
長男ということもあり、いずれは家業を継いで・・・、
と考えていた宮村さんでしたが、そんな頃に運命の出逢いが!? heart.gif

知り合ってすぐに「あっ、この女性と結婚するんだろうな」と思ったという女性は、
土佐清水市で食料品店を営む「有限会社みやむら」のお嬢さん!
結婚 ring.gif の条件は、土佐清水市に移住して奥様のご実家の家業に入ることでした。

墓石販売業を継ぐことを諦め、故郷を離れなければならないという、
なかなか厳しい条件でしたが、そこは惚れた弱み。。。
ご両親に相談したところ、「圭佑が幸せになるのならいいよ。」と言ってもらい、
今から8年前に土佐清水市へ移って「有限会社みやむら」に入ったのでした。 banzai.gif

line-2.pngline-2.png

「有限会社みやむら」は、1975年(昭和50年)創業の食料品販売店。
古くはお祖父様の時代に、製材業や米の販売を行っていたそうで、
現在は土佐清水市三崎に「スーパーストアみやむら」を経営するほか、
最近では仕出しやお惣菜、オリジナル商品の開発にも力を入れています。good.gif

ホームページ上では、「かつおのタタキ」「干物」「あぶり鯖寿司」などのほか、
オリジナル商品となる「ばんのうたれ」「味楽ぽん酢」などを販売し、
全国からたくさんの注文を受け付けています。

「かつおのタタキ」「あぶり鯖寿司」は冷凍しないのがこだわり!
清水で水揚げされた新鮮な魚を、その日に調理して、その日のうちに発送するので、
美味しくないわけがないですよね。 banzai.gif
気になる方は、「味工房みやむら」ホームページ をご覧ください!

≪ スーパーストアみやむら ≫ 土佐清水市三崎浦4-1-5 [TEL] 0880-85-0705
[ここに地図が表示されます]


music1.png 宮村さんからのリクエスト曲 music2.png

UICY-77308[1978].jpg ♪ Smile Jamaica / Bob Marley & The Wailers

 UICY-77308(Universal Music)

 愛媛で暮らしていた頃、レゲエに夢中になった宮村さん。
 この曲は、当時レゲエのことをたくさん教えてくれた
 師匠との思い出の曲だそうで、この曲を聞くと
 亡くなった師匠のことを思い出すそうです。(1978年)

music3.pngmusic3.png


宮村さんが営む「スーパーストアみやむら」は
オープンから地域の皆さんに愛され続けている“町のスーパーストア”!
今年7月に店舗改装を行い、リニューアルオープンしたばかりです。 cracker.gif

土佐清水市三崎地区も人口減の流れは止まらず、
お店に買い物に来てくれる人も少なくなったそうですが、sad.gif namida.gif
そんな中でも地域の皆さんに気持ちよく買い物してもらおうと店舗改装を決意!
お客様にゆっくりと買い物を楽しんでもらえるよう、通路などのスペースに余裕を持たせたほか、
タクシーを使って遠くから来店してくれるご高齢のお客様に対して、
帰りのタクシーを待つ間に座って休んでいただけるスペースを設けるなど、
お客様のことを第一に考えた改装を心がけたそうです。 heartsmile.gif

line-3.pngline-3.png

また6年ほど前からは、車にたくさんの商品を積み込んでの《移動販売》もスタート!
地域の中には、車も持っていない、運転免許も持っていないという方も多く、
そんな方のために以前から配達業務 image.gif を行っていたそうですが、
過疎地の買い物困窮者を応援するための高知県の助成金制度を使って《移動販売》を開始!

宮村さんの似顔絵が大きく描かれた移動販売車両を購入し、
現在は土佐清水市からお隣の大月町まで、週5日《移動販売》を行っています。

miyamura-all.jpg

実はこの《移動販売》には見守り活動の意味合いもあるそうで、
いつも買いに来てくれるおばあちゃんが来ていない日には、
ご自宅まで行って「今日は買い物ないかね?」と声を掛ける役目もあるそうです。
そのときに、ご高齢のお客様が困っているようなこと、
例えば、お家の中の電球 light.gif 取り替えや、時計 tokei.gif の電池交換などをすることも! good.gif

食料品・日用品などの生活必需品を持って地域を回り、
地域のお客様の見守り活動も行い、困っていることのお手伝いもする ── 。
ご高齢のお客様にとっては、スーパーマン s.gif のような頼りになる存在なのでしょうね。
地域のおじいちゃん、おばあちゃんからは「圭くん、圭くん」と呼ばれているそうですよ♪

line-1.pngline-1.png

宮村さんが仕事をするうえで常に意識していることは、
■ お客様に喜んでもらうこと!  ■ お客様と会話すること! chulip.gif

地域のお客様が喜んでいる笑顔 smile2.gif を見たい!
何かお困りのことがあれば手助けしたい!
地域の皆さんから子供や孫のように可愛がられている宮村さんだからこそ、
地域の方々の生活を守るという使命感に燃えています!
県外からやってきた若者が、今や地域になくてはならない存在になっています heart2.gif

line-2.pngline-2.png

次週は、宮村さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
今年6月、神戸市にオープンした居酒屋「土佐清水ワールド」との関わりについても
語っていただきます。 どうぞお楽しみに!bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424882019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック