2016年03月25日

“記憶に残る風景を”梅原佑司さん!

3月25日のゲストは「梅原佑司建築事務所」代表、梅原佑司さん 手(チョキ)

160325.jpeg

line-1.pngline-1.png

梅原佑司さん 高知市出身の35歳。
  高知工科大学で建築を学び、大学院の修士課程を修了。
  その後、東京の建築家のもとに弟子入りして経験を積んだあと、高知へ戻って独立!
  現在は「梅原佑司建築事務所」代表として、住宅や店舗の建築設計を手掛けています。

line-1.pngline-1.png

幼い頃はとても内気で泣き虫だったという梅原さん。
一人でプラモデルをコツコツ作るのが大好きだったそうで、
細かい作業を延々と続けることができるタイプだったそうですよ。

そんな梅原少年が建築の仕事を意識するようになったのが高校の修学旅行のとき!
京都 kinkakuji.gif「この街並み、凄くいいな〜」と思う場所があり、
自分もそういう風景を作る仕事をしたいと思ったのがきっかけだったそうです。

その後、高知工科大学・社会システム工学科に進学して建築デザインについて学び、
課題制作のため徹夜徹夜の毎日を過ごすなど、建築に没頭していきます。
そんな中でも感じていたのが “建築の楽しさ” ! nico.gif
何も無いところから、自分が考えたものがカタチとして出来上がって行って、
完成したものをいろんな人が見るということに快感を覚えていったそうですよ。

u-line.png

大学院を修了したあとは、東京の建築家・堀部安嗣さん のもとに弟子入り!
きっかけは、ある建築雑誌で堀部さんが手掛けた建築を見かけたことだったそうです。

その建物は、茨城県牛久市にある《ギャラリーのある家》
「うわ〜、この建築すごいな!」と思い、実際に茨城まで見に行ったんだそうです。
実際に現地を訪れ、その建物を見せてもらったあと、
興奮状態 koufun.gif のまま、堀部さんの事務所に電話をしたという梅原さん。

── ぜひ堀部さんにお会いしたいんです。出来れば事務所に置いてください!!

そんな梅原さんの願いはあっさりと叶えられました。 eltu.gif

── ちょうど今日の午前中で辞めたスタッフがいるのでデスクの空きがあるし、
   じゃあ、ちょっとやってみるかい?


── えっ!!!

何という偶然! なかなか無いグッドタイミング!!
これを 運・命・的 と言わずして何と言いましょう。
まさに逢うべくして逢った師匠が堀部さんだったんですね onpu.gif


music1.png 梅原さんからのリクエスト曲 music2.png

UCCV-1055[2004].jpg ♪ What A Difference A Day Made / Jamie Cullum
 UCCV-1055(UNIVERSAL)


 東京の建築家・堀部安嗣さんの事務所で働いていた頃、
 夕方になると必ず流れていたというこの楽曲。
 この曲を聞くと東京で充実した日々を過ごしていた頃を
 思い出すんだそうですよ。素敵 (2004年)

music3.pngmusic3.png


堀部安嗣さんの事務所で2年半、その後、設計施工の会社で4年間働いたあと、
30歳で高知に戻り、自らの建築事務所を開設した梅原さん。
高知市中久万に事務所を設け、住宅や店舗、公共物件の設計を手掛けています。

《 梅原佑司建築事務所 》
【 住 所 】 高知市中久万49-12 エントランスパークビル200
【 電 話 】 088-823-4890
【 URL 】
 http://umebara-aa.com/


梅原さんが設計した建築物は、
木や漆喰など自然素材を生かした ぬくもり柔らかさ が 特徴です。
少しご紹介しますと・・・

■ 土佐清水教会
高知工科大学の吉田晋准教授との共同設計作品。
礼拝堂内部は四万十ヒノキでできた印象的な天井と柔らかい光が特徴。
公園にある“あずまや”のように誰もが気軽に入れる祈りの空間です。
shimizu.jpg


■ mowcandle 神戸岡本店
高知のキャンドルアーティスト、mowcandleさんが神戸にオープンした店舗。
『廃墟にキャンドルを灯す』をテーマにデザインし、
素材の一つ一つの表情を大切に、キャンドルを灯し暮らす空間を演出しました。
mow.jpg


■ 鏡野公園バス停
こちらも高知工科大学の吉田晋准教授との共同設計作品。
高知工科大学前にあるバス停ということで大学を象徴するような躍動感を演出。
地元産のヒノキを使った美しいフォルムが周囲の景観と調和しています。
kagami.jpg

u-line.png

また梅原さんは「木と人出会い館」の登録建築士として住宅相談も行っています。
現在26人の登録建築士が持ち回りで担当しているこの住宅相談、
梅原さんは 次回 3月26日(土)午後 に相談員を務めます。

場所は、南国市緑ヶ丘1丁目1201-5にある「高知エコハウス」!
十市パークタウン「サンプラザ」さんから北に進んでいただき、
すぐの信号を右折すると「高知エコハウス」が見えてきます。

新築・リフォーム・店舗に関することなど何でも結構です。
興味のある方はお気軽にお越しください。
詳しくは 電話 088-879-3304 までどうぞ! iei.gif

u-line.png

梅原さんが仕事をするうえで常に意識していることは、
■ 時を経てもずっと記憶に残っているような居心地のいい場所をつくること! heart.gif

突然ですが、あなたの子どもの頃を思い出してみてください。
自分のお家や おじいちゃんのお家、学校などで
「あ〜、ここ居心地がいいな♪」 iyashi.gif と思う場所・空間はありませんでしたか?
そんな居心地のいい場所はいつまでも記憶に残っているもの。
梅原さんは、そういう場所を一つでも多くつくりたいと考えています。

建築設計の仕事に大きなやり甲斐を感じ、
アイデアを考えているときがいちばん楽しいと語る梅原さん。 shiawase.gif
これまでの仕事の中で、どうしようもなく行き詰まったということは殆どなく、
「これ面白いな」というアイデアが浮かぶと、楽しくて仕方がないそうです。
梅原さんにとって建築設計の仕事はまさに天職と言えそうです kira.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、梅原さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
梅原さんが設計を手掛け、今年3月12日にオープンしたばかりという
土佐町田井のイタリアンレストラン「Ombelico」knife.gif についても語っていただきます。
どうぞお楽しみに! bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック