2017年01月03日

『プライム・トーク〜夢の続きスペシャル〜』 を振り返って♪

【番 組 名】  プライム・トーク〜夢の続きスペシャル〜
【放送日時】 平成29年1月3日(火)18:00〜18:55
【出 演 者】  濱田亜弥、高山真貴(ほっとこうち)
【提 供 社】  ほっとこうち、高知ケーブルテレビ


2009年から7年余りにわたって放送してきた『プライム・トーク』の新春特別番組は、これまでに出演していただいた195人のゲストの中から3人をお迎えして、あの日語っていただいた夢の“続き”をお話しいただく内容でした。



お1人目のゲストは、2009年6月に出演していただいた片岡百合さん!

170103-1.jpeg

独学で身につけたホームページ制作の知識を武器に、2006年「合同会社プレビジョン」を設立し、多くの企業のホームページを手掛けていた片岡さん。当時はこんなBIGな夢を語ってくださいました ── 。

flag.png

私、これから「世界一のベビーシューズ・メーカー」を目指しているんですよ♪
昔の育児日記を開いたときに、924グラムという未熟児で産まれてきた長女がやっと歩けるまでに育ってきた頃「売っている靴が大きすぎて履いて外へ行けない!誰か靴を何とかしてくれ〜!」と書いてあるのを見つけて「分かった。私が何とかする!」と思ったのがきっかけです。
自分が使命感を持って出来る仕事は何だろう?と考えていた頃だったので「よし、これはやるしかない!」と決めたんです。

flag.png

ご出演当時はベビーシューズづくりに着手したばかりで試作段階だったそうですが、その後、夢に向かってひた走った片岡さん。高知県内には靴づくりを学べる専門学校がなかったので、義肢装具・整形外科靴製造「バイタルフス高知」に製作を依頼。育児サークルや子育てイベント等に顔を出して足のサイズが10〜11センチの赤ちゃん約50人のサンプルを集め、理想の靴の木型をつくって自らデザインも考えました。
そして 2011年「チョーチ・チョーチ ベビーシューズ」として通信販売サイトを開設。
現在は10、11、12センチの可愛いベビーシューズを多数取り扱っています。

片岡さんが手がけるベビーシューズの特徴は・・・
■ 軽い!  ■ 柔らかい!  ■ 歩きやすい!

片足で40〜45グラムの軽さで、伸縮性・吸湿発散性をもった革を使用し、厚くなりすぎず適切な屈曲性のあるソール素材と製作方法を採用。だから赤ちゃんが楽しみながらスイスイ歩いてくれるんです。またシンプルだけど上品なデザインは、パパ・ママ世代だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃん世代にも大人気!生まれて最初に履かせる“ファーストシューズ”は、サイズが合わなくなっても大切な思い出として残しておく人が多いそうですよ。

chochi.jpg

片岡さんは徹底的にこだわったこのベビーシューズをモナコ公室に献上♪
2014年末に誕生した双子のジャック公子、ガブリエラ公女に、フランス語のメッセージを添えて贈りました。ベビーシューズを受け取っていただいたのは確認できたものの、本当に履いてくれるのかしら?そんな思いを抱いていた2015年末、モナコ公室の公式Facebookページにアップされた動画の中に、チョーチ・チョーチのベビーシューズを履いているガブリエラ公女の姿が映し出されました!その姿を見た瞬間、驚きと感激でパニックになったという片岡さんですが「チョーチ・チョーチ ベビーシューズ」のこだわりがモナコ公室に認められた瞬間でもあったわけですね。

《 モナコ公室 公式Facebookページに投稿された動画 》
 https://www.facebook.com/palaismonaco/videos/1152977491381455/
 (※1分43秒すぎにはアップで撮られたベビーシューズの映像が!)


最後に片岡さんの“夢の続き”を伺いました。

「私の仕事は靴販売業ではなく、愛情伝達業です!」と語る片岡さん。
地球の宝物とも言えるベビーたちが最初に履くシューズには徹底的にこだわりたい!
「ベビーたちへの愛情がたっぷり詰まった、凄くいいベビーシューズと言えば何?」と聞かれたときに、国内外を問わずいろんな方が「それは日本のチョーチ・チョーチじゃないの?」と言ってくれるように、これからもベビーとママに寄り添ったベビーシューズづくりをしていきたいです。とお話しいただきました。

ゆりっちの溢れんばかりの愛情をしっかり受け止めましたよ。
これからも「チョーチ・チョーチ ベビーシューズ」から目が離せませんね♪


★ 片岡百合さんの“夢の続きトーク”は下記のページでもお聞きいただけます。
mp3.gif 夢の続きスペシャル  片岡百合さん(2017/01/03)



お2人目のゲストは、2011年4月に出演していただいた田中康宏さん!

170103-2.jpeg

学校を卒業したあと、父親が創業した豆腐製造会社「タナカショク」に就職し、その後独立して「株式会社ECクリエート」を設立。当時は、宅配弁当「すまいる弁当」と、公立高校2校の学校食堂を経営していた田中さん。当時は今後の夢についてこのように語ってくださいました ── 。

flag.png

早く夢に到達したい。夢を実現したい。今はそのためのステップを踏んでいるので、やはり“美味しいお豆腐、作りたての感動するお豆腐”を食べさせられる店を作りたいと思いますね♪そのときに初めて「よくやった!」と自分に言えるかもしれませんね。

flag.png

『プライム・トーク』に出演いただいた後、高知市一宮に弁当工場を移転し、生協さんの指定工場として夕食宅配事業に取り組んでいる田中さん。“美味しい豆腐のお店”という夢は一時封印して、弁当事業に力を入れてきましたが「株式会社ECクリエート」設立から10年という節目の年に自らの夢を実現!2015年12月17日、高知城のほど近く、土佐藩家老・五藤家のお屋敷を改装して
「豆腐と湯葉 土佐文化の店 大名」をオープンしました!
穏やかな時が流れるこの場所で四季折々に趣をかえる庭園を望みながら、こだわりの豆腐と土佐料理を堪能できるのです。夢の実現まで10年かかったということですが、こんな素敵なロケーション、こんな歴史ある建物に出会った訳ですからタイミング的にはベストだったんでしょうね。

《 豆腐と湯葉 土佐文化の店 大名 》
【住  所】 高知市本町4-1-42(Tel.088-872-0102)
【営業時間】 17:00〜22:00(現在は夜のみ営業)
【定 休 日】 年中無休
【メニュー】 豆腐会席4コース、カツオ・ウツボなど土佐名物ほか、ご宴会も


daimyo.jpg

オープンから1年が経ち、できたての豆腐と製法にこだわった湯葉が堪能できる店としてすっかり有名になった「大名」ですが、いま高知の豆腐好きの心を躍らせているのが、2月末までの期間限定メニュー「煌き」の中の一品《とろける大名豆腐》
天然にがりを使ってつくったこだわりの豆腐を、秘伝の水で炊くと、あら不思議!豆腐が溶けてふわふわ食感の新感覚に。その“ふわふわ豆腐”を、ポン酢ではなく、醤油でもなく、塩でいただくのが大名流。繊細な豆腐本来の味を是非ご賞味ください♪
また豆腐が溶けだした煮汁にごはんを入れて作る《雑炊》がこれまた絶品!人によってはこちらがメインと言う方もいらっしゃるほどの美味しさなんだそうです。うわっ今すぐ食べたい!!!


最後に田中さんの“夢の続き”を伺いました。

今いちばんの夢は「大名というブランドを作り上げたい!」ということ。
高知城のほど近く、雰囲気のあるお屋敷をお借りしたからには、県内外の皆さんに五藤家のお宅をご覧いただきながら、できたての豆腐と湯葉を堪能してもらいたい。今年3月からは「志国高知幕末維新博」も始まり、多くの観光客が高知市中心部にいらっしゃいます。それまでにはお昼の営業も始めて、さらには豆乳を使ったスウィーツも提供したい。高知にギラギラの陽射しが照りつける頃には「大名」自慢の《豆乳アイス》が食べられるかもしれません。楽しみですね〜♪

そして 2〜3年後の夢が「工場を併設した豆腐料理店を出したい!」ということ。
出来れば「タナカショク」とコラボして、“出来たばかりの豆腐を直売する店舗” と “出来たばかりの豆腐が食べられる飲食店” を出し、訪れるお客様に 豆腐の製造工程を見学していただけるような、そんな構想を抱いているそうです。

田中さんの夢はどこまでも広がっています。
本場・京都にも負けない美味しい豆腐・湯葉を、これからも作って行ってくださいね♪


★ 田中康宏さんの“夢の続きトーク”は下記のページでもお聞きいただけます。
mp3.gif 夢の続きスペシャル  田中康宏さん(2017/01/03)



3人目のゲストは、2014年12月に出演していただいた松田高政さん!

170103-3.jpeg

「株式会社こうち暮らしの楽校」の代表取締役であり、食の6次産業化プロデューサーとしても活躍されている松田さん。番組ではこれまでに手がけてきた加工品についてや、高知で頑張っているたくさんの生産者さんをご紹介いただきましたが、その中で今後の夢についてこのように語ってくださいました ── 。

flag.png

生産者の方は作るのに一生懸命で売る方に手が回らないので、生産品を評価してくださる方に繋いでいきたいんですが、行く行くはご自身がキチッとターゲットを決めて、作っているものの良さを自己PRできるような、そんなPRの能力も備えてもらいたいので、ただ単に人を繋げていくだけではなくて、人材の育成もしていきたいです。

flag.png

『プライム・トーク』ご出演時には、松田さんが開発に関わった『きびなごフィレ』『飲むジュレ』、いの町本川の『手箱きじ』を紹介してくださいましたが、その後も松田さんは様々な商品開発に携わってきました。

例えば、高知県産品の販路開拓や拡大を図る「高知家のうまいもの大賞2017」で大賞に選ばれた いの町「利休」『けずり芋 荒けずり』!てんさい糖を使った甘さ控えめの芋菓子でパリパリとした食感が人気の一品です。大賞獲得の一報が入ったときには「利休」の國澤さんや、いの町商工会の皆さんと喜び合ったそうですよ。

また黒潮町佐賀地域の新鮮サバを使ったご飯の友『鯖ねえ』の開発にも携わりました。
県の6次産業化の仕事で2年かけて開発したそうで、地元の大敷網で水揚げされたサバに、シメジ・柚子・玉ねぎ・ピーナッツを入れ、味噌とニンニク・ゴマ油・ラー油で仕上げた、ご飯にぴったりのおかず味噌。現在、温泉宿泊施設「土佐佐賀温泉こぶしのさと」で販売しています。ご飯の友としてだけでなく、チャーハンや炒め物の調味料にもなる優れもの!是非一度ご賞味ください。

さらに飲食サービスでは香南市吉川地区でちりめんじゃこの製造販売をしている「土佐角弘海産」とのコラボで始めた『ワンコインのっけ放題 セルフちりめん丼』が人気!土曜日11時〜14時のみの営業で多いときには100人が行列をつくるそうです。お茶碗にご飯をよそって、乾燥具合を変えた3種類(生どろめがあるときは4種類!)のちりめんじゃこをのっけ放題、どろめ汁までついて、これでワンコイン500円♪これは足を運ぶ価値ありです!

matsuda.jpg
▲ 写真左から『けずり芋 荒けずり』、『鯖ねえ』、『土佐角弘海産のちりめん丼』

また松田さんは、高知の1次事業者と、2次・3次事業者がコラボして開発した商品を全国に発信するプロジェクト「にっぽんの宝物 コラボグランプリ高知」の実行委員長も務めています。こちらは事業者本人が商品についてPRしていくもので、昨年11月には第5回の大会が開催されました。
◎ グランプリ ・・・・ おかざき農園「ドライトマト リサコンデ」
◎ 準グランプリ ・・・ 豆匠庵「食べる豆乳 soymake」
◎ 準グランプリ ・・・ ドルチェかがみ「やぎミルクジェラート」 でした!


過去5回の大会をとおして感じるのは事業者さんたちのレベルアップ!
プレゼンの仕方、試食の見せ方、提案の方法が回を追うごとに上達しているそうで、自らが作っているものの良さを自己PRするという目的が一定達成できていると手応えを感じているそうです。もともと素材(食材)の良さには定評のある高知県、加工技術とプレゼン能力が身につけば鬼に金棒ですよね♪


最後に松田さんの“夢の続き”を伺いました。

これまでずっと高知県の食材・加工品の販路開拓・拡大を行なってきた松田さんですが、対海外という視点で考えた場合、高知県のものだけでは全てのものが揃わなかったり、時期的に無かったりすることがあるので「高知県で足りないものは他県から補うことをしていきたい!」とお話しいただきました。全国でわずか10人しかいないという【食の6次産業化プロデューサー LEVEL5】である松田さんのもとには、県外からも仕事の依頼が多数来るそうで、今後は県外の生産者さんとも積極的に繋がって、ALL JAPANで海外へ打って出たいと考えているそうです。
例えば、高知のメロンと岡山の桃、山梨のぶどうを一緒に提案し、地域毎に気候風土が違う多様性をPRしていけば、海外からの引き合いもきっと増えることでしょう。

松田さんの話を聞いていると、何だか心がワクワクしてきますよね。
この分野のトップランナーとして、ご自身の活躍はもちろん、後進の育成にも尽力してくださることでしょう。どうぞよろしくお願いします!!


★ 松田高政さんの“夢の続きトーク”は下記のページでもお聞きいただけます。
mp3.gif 夢の続きスペシャル  松田高政さん(2017/01/03)



今回3人の方に“夢の続き”を伺って、夢見ることの大切さ、夢を叶える力強さを感じました。

ドイツの詩人、ゲーテはこんな言葉を残しています。
■ あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。
  向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。 さあ、今すぐ始めなさい。


2017年は始まったばかり。あなたの夢はいったい何ですか?
『プライム・トーク〜夢の続きスペシャル〜』、ではまた次の機会にお会いしましょう!



posted by hisix at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445528398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック