2016年07月29日

“嶺北に貢献したい”谷脇敦さん!

7月29日のゲストは「株式会社末広」代表取締役、谷脇 敦さん 手(チョキ)

160729.jpeg

スタジオにたくさんのお土産を持って来ていただきました。
《碁石茶大福》《ここだけ大福》《おばちゃんのはいからケーキ》!!

中でも一番人気というのが昔なつかしい《はいからケーキ》で、
「はちみつ」「生姜」「ゆず」「文旦」「よもぎ」「黒糖」など多くのフレーバーがあります。
コンセプトは・・・ でっかい昭和のおやつ!
2012年に開催された「スーパーマーケット・トレードショー」では
【主婦が買いたいフード30選】に選ばれ、売り上げを大きく伸ばした人気商品です。

ふわふわで、しっとりしていて、どこか懐かしい味 ──、ごちそうさまでした! uttori.gif


line-1.pngline-1.png

谷脇 敦さん 香川県高松市出身の41歳。
  大学卒業後、「四電エンジニアリング」に就職し、10年間勤務します。
  その後、子供が生まれたことを機に、奥様の実家の商売である「株式会社末広」に入り、
  いろいろな現場で経験を積んだあと、2014年、代表取締役社長に就任!
  嶺北地域に貢献するべく、様々な事業を展開されています。

line-1.pngline-1.png

大学卒業後、高松市に本社のある「四電エンジニアリング」に就職した谷脇さん。
10年にわたって、経理・総務の仕事や、資材の調達・発注業務に従事します。

そして、転勤で高知に来ていた頃に奥様と出会い、交際期間を経て結婚! wedding.gif
その奥様の実家の商売が「株式会社末広」だったのでした。。。

結婚当初、谷脇さんは高松で会社員、奥様は土佐町で実家の仕事を行い、
週末だけ一緒に過ごすという生活を送っていましたが、
お子さん baby.gif が生まれたことで、この “週末婚状態” を何とかしなければと思うようになり、
思い悩んだ挙句、勤めていた会社を退職して「株式会社末広」に入ることを決意!
こうして思いがけない形で商売の道に入ることになった谷脇さんなのでした。。。


music1A.png  谷脇さんからのリクエスト曲  music2A.png

UPCH5296[2005].jpg ♪ 何度でも / DREAMS COME TRUE
 UPCH-5296(DCT Records)


 ♪ 何度でも 何度でも 何度でも 立ち上がり呼ぶよ〜
 仕事で悩んだり、挫けたりしたときにこの曲を聞くと
 自分を励ましてくれているような気がして
 車の中でよく聞いているそうですよ。(2005年)

music3.pngmusic3.png


「株式会社末広」は1958年に創業し、今年で58周年!
土佐町と大豊町でスーパーマーケットを経営しているほか、仕出し・皿鉢料理の販売・宅配、
移動スーパー「とくし丸」の運営、自社商品の製造・販売、
高知の食材を全国販売するネットショップ「すえひろ屋」の運営、
総合宴会場「フォーラム末広」の運営と、多岐にわたる業務を展開しています。 goisu.gif

≪ 末広ショッピングセンター ≫
 土佐郡土佐町田井1353-2 [TEL] 0887-82-0128

[ここに地図が表示されます]


≪ 末広おおとよ店 ≫
 長岡郡大豊町川口南1926-7 [TEL] 0887-72-1101

[ここに地図が表示されます]


u-line.png

土佐町・大豊町、本山町、大川村の嶺北地域4町村を対象に商売をしていますが、
この地域に共通しているのが “人口減、少子高齢化” の問題。
「末広」では高齢の皆さんにも買い物を楽しんでもらおうと様々な工夫をしています。

suehiro.jpg

まず店づくりの面では、店舗を改装して通路を広げたり、
イートイン・スペースを広げて買い物中にも休んでもらったり ── 、

また品揃えの面でも、嶺北産の地元の食材を積極的に取り扱ったり、
『おうぎ市』と題した農産物の直売所を設けて新鮮な青果を並べたり ── 。

さらには安心安全な商品を取り扱うために年3〜4回、講師を招いて勉強会を開催!
食の安全に敏感な若いお母さん方を中心に、一般の方の参加も募っているそうです。
中には高知市や南国市から車で来てくれる方も多く、
食の安全に対する関心の強さに、谷脇さんも驚いているそうですよ。 hakushu.gif

u-line.png

また昨年からは 移動スーパー「とくし丸」の取り組みも開始しました。

冷蔵庫付きの軽トラックに300品目1,000点の商品を積み込み、
嶺北地域4町村のお宅を巡回している 移動スーパー「とくし丸」。
青果や菓子、日用品などのほか、冷蔵庫があるので刺身や肉も取り扱っています。
やはり利用される方が自分で直接選んで買えるのが人気の秘密のようです。 ninki.gif

tokushi.jpg

事前に申し込んでいただいたお宅を巡回し、1日に30〜40軒を回る「とくし丸」。
中には足の不自由な方や起き上がれない方もいるので、家の軒先まで行くことも!?
また嶺北地域4町村と協定を締結し、地域の高齢者の見守り活動も行っています。
実際に、家から出て来られない方がいることを社会福祉協議会に連絡し、
報告書まで作成しているので、関係の皆さんからとても喜ばれているそうです。 kansha.gif

地域のスーパーが目指すべき姿がここにありそうですね!

u-line.png

谷脇さんが仕事をするうえで常に意識していることは、
■ 社員が成長すること  ■ お客様に喜んでもらうこと  ■ 地域に貢献すること  onpu.gif

中でも、最近になってようやく気付いたというのが
《社員とのコミュニケーションの大切さ》だそうで、
今年からは新たな取り組みとして、“正社員とのサシ飲み” をスタートしています!

社長と社員が1対1で飲みに行くというこの取り組み。
基本的には仕事の話を抜きにして、いろんな話をすることが目的です。

谷脇さんの手帳には毎月2〜3回のサシ飲みスケジュール beer.gif が書かれており、
この日に向けて体調を整えるため、最近では晩酌を控えることもあるそうです。
それにしてもユニークな取り組みですよね heart2.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、谷脇さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
ネット販売を通じて実践している “地産外商の取り組み” についても語っていただきます。
次週もどうぞお楽しみに! bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

松岡啓司さんの2週目!

前週に続いて、児童発達支援・放課後等デイサービス事業所
「おひさまキッズ」代表、松岡啓司さんをお迎えしました! かわいい

160715-2.jpeg

松岡さんの趣味は《 山、川、海 》!

アウトドア大好きで、以前は海に行ったり、滝を見に行くのが好きだったそうですが、
子供が生まれてからはなかなか遠出ができず、日帰りで鏡川に行ったりしているそうです。
日帰りでも子供たちは大喜び!
松岡さん曰く「グチャグチャになって遊んでいる」そうですよ nico.gif

松岡さんのお子さんは、3歳の女の子1歳の男の子!
もともと子供が好きで今の仕事に就いた松岡さんですが、
子供と遊ぶのは得意でも、ごはんを食べさせたり、お風呂に入れたり、
寝かしつけたりするのは やはり大変で、時には叱ることもあるとか。
ご自身に子供ができてから、世の親御さんたちのご苦労が身に沁みて分かったそうです。

ですがそれは親御さんたちの大変さを理解することにも繋がり、
以前に比べて親御さんたちとお話しすることも随分増えたとのこと。
“子供の療育” だけでなく、“子育ての支援” も出来るようになりたいと語ってくれました!

u-line.png

時代の変化とともに、“親と子供の関わり” も変わってきていると思います。
子供は親が思うように動いてくれませんし、時にはとんでもない行動に出たりもします。

親としては怒りたくなることも多いと思いますが、やはり大切なのは親子の絆や信頼感!
子供を叱るときにも、うちの子なら分かってくれるはずと信用することです。
そんな気持ちで子供に接していれば、その思いはきっと子供に伝わると思います。

そしてもう一つ!誰しも褒められると嬉しいもの。 yoshiyoshi.gif ヨシヨシ〜
叱った分、その倍褒めてあげるという気持ちも大切ですよね〜。
子育ては悩み、迷うことの連続ですが、だからこそ楽しい!
そんな思いを持って、今この瞬間にしかできない子育てを楽しみたいものです! wara.gif


music1A.png  松岡さんからのリクエスト曲  music2A.png

TOCT-25251[2003].jpg ♪ 愛がなくちゃ / ウルフルズ
 TOCT-25251(TOSHIBA EMI)


 ウルフルズの前向きなところが好きという松岡さん。
 子供と接するときも、叱るときも “愛がなくちゃ!”
 ということで、この曲をリクエストしてくれました。
 聞いていると何だか元気になってきますね(2003年)

music3.pngmusic3.png


身体に障がいがある場合に比べて、発達障害は見た目では分かりにくく、
いろいろな面で誤解されるケースがあると言われています。

発達障害は、症状の特徴によりいくつかに分類されます。

■ 広汎性発達障害(PDD:pervasive developmental disorders)
  自閉症、アスペルガー症候群、レット障害、小児期崩壊性障害、
  特定不能の広汎性発達障害を含んだ総称です。


■ 注意欠陥・多動性障害(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)
  年齢的に相応した言動などに、不注意(集中力がない)、多動性(じっとできない)、
  衝動性(善悪を判断せずに行動してしまう)などの症状が見られます。


■ 学習障害(LD:Learning Disorders または Learning Disabilities)
  知的な発達に遅れがない場合が多く、「聞く・読む・書く・計算する」などの能力の
  一つまたはいくつかを身につけることが困難な状態です。



例えば、相手の気持ちが理解出来ない、場面の切り替えが出来ない、
好きな遊びを止められない
 など、種類も、程度も、様々な子供がいます。


boy.jpg


そんな中、松岡さんが発達障害がある子供と接するときに気をつけているのは、
「その子が何が得意で、何が苦手なのかを理解すること」
そして「自分たちがどういう関わり方をすれば良く伝わるのか?と考えること」
同じ種類の発達障害と診断されていても、同じ接し方ではいけないケースもあるのです。

またもうひとつは「どんな子供にも必ず強みがあることを理解すること」
周りの人がその子の強みを認めてあげて、彼らに自信を付けてあげて、
いつかその強みが社会に繋がる一つのきっかけになればと思っているそうです。 hakushu.gif

u-line.png

最後に松岡さんの今後の目標を伺ったところ、
◇ 子供に関わる機関同士の連携が出来ること!
◇ 地域の人が子育てに協力できる枠組みをつくること!
 とお答えいただきました。 gumba.gif

障がいのある子供たちが成長する過程においては、
医療、教育、保健、福祉の各機関で様々な専門職の方々と触れ合います。
そんな方々がそれぞれの立場から感じたその子供の状況を、全体で共有することが大切。

例えば、松岡さんが行っている児童発達支援の取り組みを、
保育園の先生方や親御さんに伝えることで、またひとつその子への理解が進みます。
そんな関係機関同士の連携がもっともっと深まればいいですよね heart.gif

また専門機関だけでなく、街のおもちゃ屋さんやお菓子屋さんといった一般の方々が
「この子はこんな子です。ご家族はこんな思いを持って子育てをしています」
ということを知って接することで、子供の成長の大きな手助けになってくれるはずです。
「そうした地域づくりが出来ることが目標です!」と語ってくださいました。

水泳のインストラクターから理学療法士へ ── 。
そして今、児童発達支援事業所の代表として一歩を踏み出した松岡さん。
障がいがある子供も、ない子供も、みんなが楽しく暮らしていけるように。
大きな夢に向かってこれからも頑張ってくださいね! power.gif fight.gif

line-3.pngline-3.png

次週は「株式会社末広」の代表取締役、谷脇 敦さんをお迎えします。

土佐町と大豊町で「末広ショッピングセンター」を経営するほか、
インターネットを通じて高知の美味しいものを全国に向けて販売している谷脇さん。
仕事にかける思いや、今後の夢について伺うほか、
昨年からスタートした移動スーパー「とくし丸」の取り組みについても語っていただきます。
どうぞお楽しみに! pinokio.gifalice.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

“子供の可能性は無限大”松岡啓司さん!

7月15日のゲストは、
児童発達支援・放課後等デイサービス事業所「おひさまキッズ」代表、松岡啓司さん 手(チョキ)

160715.jpeg

line-1.pngline-1.png

松岡啓司さん 宿毛市出身の35歳。
  水泳インストラクターをしていた頃に足が不自由な子供と出会ったことをきっかけに
  理学療法士の道へ進み、資格取得後9年にわたって病院で勤務します。
  今年4月「おひさまキッズ」を立ち上げ、保育園や学校・医療機関・相談支援員たちと
  連携しながら、子供たち一人一人にあったプログラムを実践しています。

line-1.pngline-1.png

子供の頃は体を動かすことが大好きで、落ち着きのない子だったという松岡さん。
学校を卒業したあとは友人の誘いでスイミングスクールのインストラクターに!!
※クロールと平泳ぎは出来たけど、背泳とバタフライは出来なかったそうです。。。 tere.gif

水泳インストラクターの仕事に自信が付いてきた頃、
夏休みの短期講習で出会ったのが、生まれつき足の不自由な一人のお子さんでした。
ご両親が見守る中、1週間泳ぎの練習をしてかなり上達したものの、
目標としていた25メートルを泳ぐことは出来ませんでした。。。

子供さん本人とご両親はとても喜んでくれたそうですが、
25メートル泳げるようにしてあげられなかったことが悔しくて、 kuyashii.gif kuyashii2.gif
「ちゃんと身体のことを知って教えられるようになりたい」と思うようになり、
運動のことを教えられる仕事として《理学療法士》の仕事を意識するようになります。

u-line.png

その後、専門学校に入って《理学療法士》の資格を取得し、
地元・高知に戻って、病院 hospital.gif で働き始めた松岡さん。

《理学療法士》はリハビリを通じて身体の機能回復を手助けするお仕事 ── 。
患者が大人の場合は、障がいを負った身体を元の状態に戻す手助けをしますが、
子供の場合は、身体の成長を促すことも考慮する必要がありますし、
場合によっては、幼くてまだ言葉も話せないような子供に対して
身体の動きを教えて、成長を促すことも必要になってくるのが難しいところ。

また《理学療法士》として勤める中でもう一つ感じたのがご家族のことです。
医師から「身体に障がいがある」とか「発達に遅れがある」と診断されたとき、
その子のご家族(特にご両親)は大きなショック ga-n.gif を受けます。
またその後、療育を受けさせたり、リハビリをさせるために時間を取られ、
自分の時間を持てなくなるケースがほとんどです。

そんな光景を目の当たりにしてきた松岡さんは、
子供さん一人一人に合わせたサポートが必要であるとともに、
そんな親御さんのサポートも出来たらと考えるようになり、起業を意識するように!

障がいのあるお子さんを預かる場所をつくることで、
ご家族が日中働くことが出来たり、少しでも自分の時間を作れるようにしたい ── 。
そんな思いから、2016年4月「おひさまキッズ」をオープンしました! cracker.gif


music1A.png  松岡さんからのリクエスト曲  music2A.png

TOCT-24755[2002].jpg ♪ 笑えれば / ウルフルズ
 TOCT-24755(TOSHIBA EMI)


 元気が貰えるからウルフルズが好きという松岡さん。
 仕事で失敗をしても、この曲を聞くと「大丈夫だ!」
 と思えるので、いつもよく聞いているそうですよ。
 ♪とにかく笑えれば 最後に笑えれば〜(2002年)

music3.pngmusic3.png


◎ 児童発達支援・放課後等デイサービス事業所『おひさまキッズ』

【 対象年齢 】 発達支援:6歳まで、放課後デイ:7歳〜18歳未満
【 開所時間 】 9:00〜17:00(早預かり・延長あり)
【 開 所 日 】  月〜金曜日(土・日・祝日は休所)
【 場  所 】 高知市大川筋2-1-39 ※愛宕病院を南へ 江ノ口川沿いです。


 1Fは運動スペース・・・身体を動かしたり、バランスのトレーニングをします。
 2Fは生活スペース・・・遊具を使った遊び、お昼寝、お料理をします。

≪ おひさまキッズ ≫ 高知市大川筋2-1-39 [TEL] 088-856-8833
[ここに地図が表示されます]

u-line.png

「おひさまキッズ」には、保育士、精神保健福祉士、理学療法士がいるほか、
非常勤の発達心理相談員として高知大学大学院の方が来てくれています。

通所している子供たちは一人一人に合わせたプログラムに取り組んでいます。
1階の運動スペースで身体を使った遊びをしたり、 genki.gif
2階の生活スペースでお遊戯や作業活動をしたり、
また一日の生活をとおして他人とのコミュニケーションのやりとりや、
生活の動作、ルールなども学んでいるそうですよ。 ok.gif

u-line.png

「おひさまキッズ」のような児童発達支援事業所は、
最近少しずつ増えて来ていますが、まだまだ少ないのが現状です。 u-m.gif

高知県内の保育園では以前から “加配の先生” という制度があり、
他県に比べて、障がいのあるお子さんが安心して保育園に通える体制が整っていました。
ただし “加配の先生” は保育の専門家ではありますが、
発達障害の特性に応じた関わり方を指導できる専門家ではありません。

ですので、保育園と、「おひさまキッズ」のような児童発達支援事業所を
上手に組み合わせて利用することで、よりよい保育体制が整うのではないでしょうか?

light.gif 児童発達支援事業所のサービスを利用するためには、
  各市町村の福祉窓口に相談し、利用申請を行ってください。


ohisama.jpg


u-line.png

松岡さんが仕事をするうえで常に意識していることは、
■ ご家族の人生は、この事業所のみで完結しないということ! onpu.gif

子供たちは、生まれてから、保育園や小学校に入り、
中学校に進んで、やがて大人になっていきます。
その時々で関わる専門家の人たちも、地域の人たちも変わってきます。

そんな皆さんが連携しながらそのお子さんやご家族の仲間になっていく ── 。
その仲間づくりが地域全体に広がっていくことで、
お子さんの成長に繋がり、ご家族の生活の支えにもなりたい!!

今年4月に「おひさまキッズ」をオープンしたばかりの松岡さんは、
日々の仕事だけでなく、地域全体の中での役割についても意識しています heart2.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、松岡さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、
ご自身も “二児のパパ” という松岡さんの子育て論についても語っていただきます。
次週もどうぞお楽しみに! bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

弘瀬剛敏さん、小川いずみさんの2週目!

前週に続いて、柿渋染め工房「ユルクル」の代表、
弘瀬剛敏さん、小川いずみさんをお迎えしました! かわいい

160701-2.jpeg

《柿渋染め》の布を使って、エプロンやバッグなどを製作しているお2人。
オレンジブラウンの柿渋染め製品の挿し色として青を入れたいとの思いから
最近では《藍染め》にも挑戦しています。

その《藍染め》に必要な強アルカリ水溶液をつくるために使っているのが、
地元・土佐清水市で、宗田節をつくるために使われているウバメガシの灰!
漂白剤のような薬剤を使わないから自然にやさしく、
しかも綺麗に染まるという願ってもない素材が偶然地元にありました。 nico.gif

《柿渋染め》のオレンジブラウンと《藍染め》のインディゴブルーは、
まるで土佐清水市の大地と空を表しているようです

u-line.png

また「ユルクル」では、地元の定時制高校で《藍染めワークショップ》も実施!

藍染めで布を染めることのほかに、
自分たちで育てた藍の葉っぱを使ってお茶 tea.gif をつくって飲んだり、
乾燥させた葉っぱで “おやき” のようなものをつくって食べたり、
最後には一人一人に藍の種を渡して自宅で育ててもらうという内容が好評だったそうです。

実は藍にはポリフェノールやフラボノイドが多く含まれ、
それらの抗酸化力で、若さと美しさを保つことが出来るとも言われています。 gumba.gif
高校生たちは地元で作られている染め物を実際に体験し、
土佐清水市にある素材の豊かさを実感したことでしょうね。
※ちなみに今年も秋にワークショップを開催する予定だそうです!


music1A.png  弘瀬さんからのリクエスト曲  music2A.png

kamuasou.jpg ♪ TEQUITO STYLEE / かむあそうトライブス
 DVD『かむあそう種薪珍道中』収録曲


 関西に住んでいた頃にボーカルのやじーさんと知り合い、
 以来ずっと応援しているのが “かむあそうトライブス” 。
 2013年には『はたフェス』にも出演してくれて、
 またまたファンを増やしたそうですよ♪(2015年)

music3.pngmusic3.png


「ユルクル」では《柿渋染め》《藍染め》の製品のほかに、
地元のあるものを使った商品も販売しています!
その商品とは・・・、漁師さんが使う定置網でつくったタワシ!!

『Ryoushi Ami TAWASHI』
と名付けられたこの商品は、汚れがよく落ちると大評判♪
洗剤を使わなくても、食器の茶渋や水あかが面白いようにとれるんだそうです。
土佐清水の青い海を守る意味でもとてもいい商品ですよね?

tawashi.jpg
▲ タワシと言ってもお洒落〜、パッケージもこれまたお洒落〜♪

u-line.png

弘瀬さん、小川さんは2人とも土佐清水市で育ち、
一度故郷を離れてからまた地元に戻ってきたUターン組です。
また最近はサーフィンをきっかけに関西からIターンで移住する人も多く、
そんなUターン組とIターン組が一緒になってイベントも企画しているそうです。

題して『TATSUKUSHI TROPICAL 2016』!
7月17日(日)10時〜22時 レスト竜串海側緑地で開催されます。 beer.gif

美味しい食べ物に可愛い雑貨や安心野菜ベジマルシェ、
さらにレゲエや、ハワイアンにラテンなど、心地よい音楽に満天の星空!
入場無料です。竜串でトロピカルな休日を過ごしてみませんか?
※詳しくは下の画像をクリックしてみてください!!

tropical-1.jpg  tropical-2.jpg

u-line.png

最後に「ユルクル」の今後の目標を伺ったところ、
◇ 《柿渋リネン》と聞くと「あ〜ユルクルね♪」と言われるようになりたい!
とお答えいただきました。

2012年の販売開始当初は今と比べると、とても とても恥ずかしい出来だったそうで、
そんな頃から「ユルクル」を応援してくれている人たちに
何か恩返しをしたい!という気持ちを持っているんだそうです。

例えば「ユルクル」がもっと良くなることで、
その頃の商品にプレミアが付くくらいになり、購入してくれた方への恩返しになれば。
そうなれるように日々精進し、その日出来るベストを尽くしていきたい!!

最初は趣味で始めた《柿渋染め》が周りの人たちを巻き込み、
ゆる〜く、大きく繋がっていくことで、土佐清水という地域にも貢献していく ── 。
弘瀬さん、小川さんの挑戦は、地方発産業の成功例になりそうですね heart.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、児童発達支援・放課後等デイサービス事業所『おひさまキッズ』の代表、
松岡啓司さんをお迎えします。

運動や発達に遅れのある子供たちが日中を楽しく過ごし、 beachball.gif
専門的な療育が受けられる施設を、この春にオープンした松岡さん。
仕事にかける思いや、今後の夢について伺うほか、
高知県の障がい児支援を取り巻く環境についても語っていただきます。 お楽しみに! pinokio.gifalice.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

“土佐清水の自然と共に” 弘瀬剛敏さん、小川いずみさん!

7月1日のゲストは、柿渋染め工房「ユルクル」代表、弘瀬剛敏さん、小川いずみさん 手(チョキ)

160701.jpeg

line-1.pngline-1.png

弘瀬剛敏さん 土佐清水市出身の38歳。
  IT関連の会社に勤務したあと、28歳で独立して、フリーランスのWEBデザイナーに!
  その後、33歳で高知へUターンし、現在はホームページ関連の業務を行う一方で、
  「ユルクル」の企画・広報部門を担当しています。

line-1.pngline-1.png

小川いずみさん 神奈川県横須賀市生まれ、土佐清水市育ちの40歳。
  事務職員として勤務していた頃に《柿渋染め》の布に興味を持ち、
  弘瀬さんの助言もあって自ら《柿渋染め》に挑戦!
  独特の色合いと質感が人気を集め、全国から注文が入る大人気の工房となっています。

line-1.pngline-1.png

お2人が《柿渋染め》 kaki.gif と出会ったのが今から約6年前だそうです。
当時よく通っていた土佐清水市内のお店で、
何やら見たこともない布でつくったカバンを発見した小川さん ga-n.gif
店員さんとこんなやり取りをしたそうです。

小川さん : この布すごくいい感じですね?
店員さん : あ〜、それ《柿渋染め》の布なんです♪
小川さん : へぇ〜、これが《柿渋染め》なんだ! この布ありますか?
店員さん : いや、この布は仕入れたらすぐ売れちゃうんですよ。
       次いつ入ってくるかも分からない状態なんです〜。

小川さん : そうですか〜。じゃあ、取りあえず このカバンください!!


kakishibu.jpg

《柿渋染め》のカバンを買った小川さん。弘瀬さんにこんなことを言いました!

小川さん : このカバンいいでしょ?
       この布が好きなんだけどこの辺りじゃ売ってないんだよね〜。

弘瀬さん : そうなんだ〜。じゃあ、自分で作ってみたらいいんじゃない?
小川さん : えっ?? 作る??
       う〜ん、でも《柿渋液》ならホームセンターに売ってるだろうし、
       ちょっとやってみようか!?


こうして《柿渋染め》にチャレンジし始めた小川さん。
ご自分が好きなリネン(亜麻)の布に《柿渋液》を塗ったり、浸したりして、
それをお日さま sun.gif の光に当てては乾かし、また《柿渋液》を塗って。。。
この一連の作業を5〜6回繰り返すことで、
《柿渋染め》特有の色合い・風合いが出来上がるんだそうですよ。

ゴワゴワの質感と、オレンジブラウンの色合いが何だか落ち着きますよね。
ホントに自然で、嘘偽りのない “凛とした強さ” を感じます! kira_yellow.gif

music1A.png  小川さんからのリクエスト曲  music2A.png

saichunho.jpg ♪ あなたは太陽 / 蔡忠浩
 ALBUM『闇の向こうからコンビニの声がする』収録曲


 bonobosの中心人物である蔡忠浩による この曲は、
 次世代の子供たちに対して「あなたらしく生きて」と
 優しく歌ってくれるハートフルな1曲。ライヴ会場で
 生で聞いて涙が止まらなくなったそうです (2016年)

music3.pngmusic3.png


「ユルクル」では《柿渋染め》《藍染め》の布を使って様々な商品をつくっています。

エプロン、バッグから、コースター、鍋敷き、手ぬぐい、
さらには、コーヒーフィルター、ブックカバーまで!!
《柿渋染め》のオレンジブラウンと《藍染め》のインディゴは相性抜群! power.gif

product-1.jpg

しかも「ユルクル」の商品はどれもデザインが洗練されていて、
日常生活の中に すーっと入り込んでくるような落ち着きを感じます。

またお客様からの細かな要望に100%応えようとするのも「ユルクル」の良いところ!
例えばエプロンならば、身長や体形に合わせてサイズを考えるのはもちろん、
肩ひもの太さはこれくらいとか、ここにポケットが欲しいとか。。。

お客様それぞれの要望と「ユルクル」の持つノウハウが合わさって一つの形になるので、
使い勝手の良さ、使い心地の良さが生まれてくるんでしょうね heart.gif

product-2.jpg


u-line.png

お2人が仕事をするうえで常に意識していることは、
■ そのとき作れるいちばん良いモノを作っていくこと! onpu.gif

自分達が作るものを、自分達と同じように「良い」と感じてくれる皆様、
自分達が商品を作っていくうえで手に触れるものに感謝しながら、
土佐清水市の自然の恩恵を受けて製作活動をしている弘瀬さんと小川さん。
照りつける南国の陽射しも、岬を抜けて吹いてくる風も、
大地を潤す癒しの雨も、夜の静寂の中に差し込む月の光も、
すべてが「ユルクル」が作り上げる《柿渋染め》のパワーになっています。

商品を購入した人の口コミで人気が人気を呼び、
現在は注文してから商品が出来るまで2カ月待ちの状態だとか。 panda.gif すごーい!
しかも依頼のほとんどが県外からの注文で、
全体の3分の1が台湾や香港、フランスなど海外からの注文だそうですよ。

ユル〜く、のんびりと、自然体の製作活動を続けながら、
お客様の使い勝手のために頭をクルクルっと巡らせる ── 。
お2人それぞれの得意分野を生かした二人三脚が “人気の秘密” なんでしょうね heart2.gif

line-3.pngline-3.png

次週は、お2人のプライベートや、今後の夢について迫るほか、
nico.gif 地元・土佐清水市への思いについても語っていただきます。
次週もどうぞお楽しみに! bye.gif


posted by hisix at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする